NPO法人どさんこ海外保健協力会
ホーム会の紹介会員になる活動紹介BLOGアクセスリンク会員ページ

〇「活動紹介ページ」内リンク
 公衆衛生活動  ネパールならではの取り組み
 その1 その3 その4 その5
 随時更新中 H30.11.5更新
公衆衛生活動  ルクム郡チョウジャリ病院内の公衆衛生部門は、2011年に楢戸医師と病院スタッフで立ち上げられました。
 病院のあるチョウジャリの街もそうですが、遠方の患者さんたちが住んでいる村の生活基盤、電気や水道、排水の管理は十分になされていません。また、村の医療機関はよくて簡易診療所があるのみでした。
 病院までは車が通らない道がほとんどで、歩くことのできない患者さんは、数名で運ぶタンカーでまたは背負われて診察に来ることになります。また、予防可能な病気や症状が日常的に起きやすい状況です。時に重篤な症状を引き起こし、命が奪われることもあります。
 こういった現状から、健康教育による病気の予防や管理の向上を目的に、母子保健、学校保健、感染症の予防、ヘルスワーカーへの研修、地域住民の自律的な啓発活動の促進、また地域内や簡易診療所、病院、地方自治体との連携強化などを行っています。〇具体的な活動内容
 ・母子保健-妊婦健診受診や施設分娩の推進、バースセンター設立、栄養教育
 ・学校保健-学校健診、学校の水場整備、教員や生徒への健康教育
 ・感染症の予防-予防接種の推進や実施、地域母親グループへの健康教育、家庭のトイレ設置
 ・各医療機関やスタッフへの研修や母親グループの組合作り協力 
 ・奨学金制度による保健医療人材育成 など 

  

次ページ