NPO法人どさんこ海外保健協力会
ホーム会の紹介会員になる活動紹介BLOGアクセスリンク会員ページ

どさんこ海外保健協力会は、北海道で家庭医の草分け的存在として地域医療を実践してきた楢戸健次郎医師を中心に1994年に設立された、発展途上国で保健活動を行う北海道発のNGOです。
設立以来、医師やコーディネーターの長期ワーカーを派遣し、カンボジアの農村部では保健ボランティアの育成や健康保険のシステムづくりなどの地域保健の支援を行ってきました。
2011年の東日本大震災では、宮城県気仙沼市を中心に支援を行い、2015年度までは毎月、医師看護師を派遣し、現在もコミュニケーティーを支える地元団体の支援を続け、仮設住宅や地域での健康相談会などを実施しています。
ネパールでは、2011年度より、西部の地方の病院で予防教育や衛生環境整備といった活動の支援をしています。2015年4月のネパール大地震では、避難所での仮設学校や診療所の支援から、震災孤児への生活、教育支援を行っています。
国内では、活動地を訪ねるスタディツアーの企画や、月1回、テーマを決めて楽しみながら「国際協力」を語る会を催しています。 Tweet 


現在の活動状況 世話人会のお知らせ ネパール大地震活動支援
 楢戸健次郎医師が、現地で活動しています。
 ネパール地震被害支援活動 に引き続きご協力をお願いします。詳しくは、 活動紹介 のページをご覧ください。 
 こんな活動しています。↓・次回世話人会・理事会
 日時:平成31年5月25日(土)
 15時30分~会報発送
 16時30分~オープンハウス
 17時00分~理事会
 場所:どさんこ札幌事務局 (場所はこちらネパール西部チョウジャリ病院公衆衛生部門への支援活動 皆様へカトマンドゥから公共バスで約一日、ルクム郡チョウジャリ病院はあります。患者さんの中には、山道を2、3日かけて診察に来る人もいます。
 当会では、2011年より楢戸医師がアドバイザーとなって病院内の公衆衛生部門の活動支援、資金協力を行っています。
 また、同地域農村部における保健医療の人材育成を目的に、奨学金制度による支援を行っています。1 代表ご挨拶
2 どさんこ海外保健協力会パンフレット
3 ブログ 
4 お問い合わせ
5 2018年度総会 活動報告書
6 2017年度ネパール震災活動報告書
7 2017年度年次報告書
8 総会案内 NEW!
9 講演パンフレット NEW!ネパール大震災支援活動  総会・講演会・イベントなどのお知らせ 2015年の緊急支援後、地域のニーズに応じて就学支援と衛生教育支援を被災地6つの地域で行っています。
 就学支援:親を亡くしたり、障害をおったりした子供たちを生活支援として奨学金制度や交流会にて応援しています。生計支援に一部職業研修サポートも行っています。
 衛生教育支援:2017年まで歯磨き教室を、現在は救急箱の配布を地域の奨学生の通う学校を中心に行っています。・2019年度総会のお知らせ
 日時:平成31年6月22日(土) 
 講演:15時30分~17時00分
    「8年後の気仙沼、そしてこれから」代表理事 大泉 樹
    「このフクシマ、奪われし人々」写真家 菊池 和子
 総会:17時10分~17時40分
    NPO法人どさんこ海外保健協力会2019年度総会
 場所:札幌市社会福祉総合センター
    札幌市中央区大通西19丁目
    (地下鉄東西線西「18丁目駅」下車1番出口徒歩3分)

ページトップに戻る 


札幌事務局
〒060-0042 札幌市中央区大通西15丁目2-18 ファミール西15 303号室
連絡先 080-4049-1135

トップページ

トップページ

トップページ