NPO法人どさんこ海外保健協力会
ホーム会の紹介会員になる活動紹介BLOGアクセスリンク会員ページ

 大泉 樹 代表 経歴
1965年11月 高校時代に発展途上国で働く医者になることを決意する。
1984年4月 医学部に進学。 
1990年8月  大学6年生のとき、海外医療と地域医療に従事していた楢戸健次郎医師のことを知り、美流渡診療所へ実習に行く。 
1994年8月  どさんこ海外保健協力会が設立。(楢戸健次郎氏が代表)
設立総会にて、カンボジア視察報告、大泉医師を送る会が開催される。 
1994年9月  「どさんこ」からSHARE(国際保健協力市民の会)へ派遣の研修生としてカンボジアへ渡る。 
1995年1月  厚生省緊急援助研修のため一時帰国する。また、阪神大震災の避難所にてボランティア活動を行う。 
1996年1月  再びカンボジアへ渡り、バッタンバン州で農村開発のプロジェクトを行っていた「るしな」と共同して、保健プロジェクトを始める。 
1998年1月  派遣ワーカーとしての任期を終え帰国する。 
2002年4月  後志の留寿都村に村立の診療所所長として赴任。 
2004年7月  どさんこ海外保健協力会代表に就任。 
2008年4月  診療所勤務をワークシェアにして、残りの時間をボランティア活動や地域医療支援にあてる
2011年3月より 、東日本大震災支援、最初の1年間の派遣は22回、120日であった。
以後、気仙沼に通い続けながら、カンボジア、ネパールへも年に1~2回の頻度で通っている。 


札幌事務局
〒060-0042 札幌市中央区大通西15丁目2-18 ファミール西15 303号室
連絡先 080-4049-1135